SEO対策って結局何をすればいいの?を解決する基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SEOを始めたばかりの方は、ネットでSEO対策と調べてみても、「外部対策?内部対策?なにそれ?」「コンテンツイズキング!」といった言葉が横行していることに頭を悩ませている人多いんじゃないでしょうか。

コンテンツが全てだ!文章量を増やせば何とかなる!って書いてあるようなブログやSEO会社って今かなり多いんですが、これって裏を返せばコンテンツを増やすことでしか今のGoogleに対応できる対策が分からない、できないといっているようなものだと思いませんか?

私の「SEO対策コンサルティングサービス」では、SEOの基本知識を身につけることと、自分でPDCAサイクルを回して施策ができるようになるための方法をコンサルティングしています。
本稿では、SEOにおける必要な思考法をご紹介します。

2015年のSEOに必要なこと

コンテンツボリューム+適切な内部構造=勝者

一言で表すと上記の通りです。何だ結局コンテンツじゃないかと思われるかもしれませんが、昨今は最低限のコンテンツボリュームはあって当たり前という厳しい状況に置かれています。だってどこでもコンテンツが全てだって書いてあるんですもの。そりゃみんな真似しますよね。

じゃあどこで差別化していくかという話になるのですが、ここで登場するのが「適切な内部構造」です。
適切な内部構造と聞いて何をイメージしますか?

  • h1、h2、h3
  • meta title
  • meta desctiption
  • meta keyword

上記しか出てこなかった方、もう一歩です。(ちなみに今はmeta keywordは不要です。競合サイトに狙っているキーワードを暴露しているようなものですのでやめましょう)

 

クオリーズ流!SEO内部構造の最適化

私の考える「適切な内部構造」は下記の考えを重視しています。SEOという言葉から少し大枠の部分にまではみ出しているかもしれませんがとても大切な要素なのでしっかりと理解してみてください。

  • 運営者の目的と訪問者の目的
  • キーワード設計
  • カテゴリ設計
  • 見出しとリード文の関係

一つずつ説明していきましょう。

運営者の目的と訪問者の目的

まず、サイト運営側と、訪問者の目的を明確に定義しましょう。下図は税理士のWEBサイトにおける目的整理です。運営側としてはスタートアップ顧客を集めたい、対象ユーザーの目的としては独立開業する上での悩みを解消するサイト(ページ)を探している、こう定義します。

サイト運営者と訪問者の目的

こうすることで、自ずと集客するためにどんなキーワードで記事を書いていくのか明確にイメージすることができるようになります。闇雲に記事を書くのではターゲットユーザーがまとまらず結局何を伝えたいサイトなのか曖昧になってしまう恐れがありますので、非常に重要な項目ですので是非意識してみてください。

キーワード設計

目的を基に、ターゲットユーザーが検索するであろう検索キーワードをリストアップします。

的確なキーワード設計

リストアップ方法はいくつか方法がありますが、まずは以下の2点を押さえておけば問題ないでしょう。

ここでは使い方は割愛しますが、キーワードプランナーで検索キーワードをリストアップします。サジェストキーワードとは、Googleで検索キーワードを入力していると途中で検索候補が出てくる、あれです。キーワードプランナーはどちらかというとスタンダードな正攻法のキーワードが出てきますが、そこで拾いきれないようなニッチなキーワードをサジェストキーワードで探していくといったような流れです。

カテゴリの作り方

さて、ここまでで書くべき記事が明確になり、気力の限り記事を書いていくことになりますが、そこで迷うのがカテゴリの作り方ではないでしょうか。
通常ブログの場合、WordPressを使われる方が殆どだと思いますが、カテゴリページを見たことはありますか?

カテゴリページに、対象ページのタイトルと概要がずらーっと並んでいる状態では、ユーザーにとっても検索エンジンにとってもマイナスです。
皆さん記事ページではしっかりと見出しをつけて本文を書いてと意識していると思いますが、カテゴリページでもそれは同様なのです。

カテゴリの作り方

カテゴリページでも上図のように目次を付けてナビゲーションをすることでユーザー、検索エンジン双方にフレンドリーにしていきましょう。

 

見出しとリード文の関係

案外軽視されるのですが、見出し文とリード文をしっかりと紐付けすることで、ユーザーにどんな問題が解消できるのかイメージしてもらうことができ、かつGoogleに文章の構造やテーマ性をより明確に伝えることができるようになります。確実に設定していくようにしましょう。

見出しとリード文

 

いちばんやさしい 新しいSEOの教本

唐突に本のタイトルが出てきましたが、新しいSEOの教本には、SEOの小手先の技術ではなく、WEB事業を成功させるための大枠の考え方が身につく内容が多く書いてあります。本書には残念ながらコンテンツイズキングといった言葉は出てきません。SEO成功のためには事前調査、設計が大変重要になってくるのですが、本書ではまずサイトの目的と訪問者の目的を考えるといったように、ビジネスの本質を理解した上でSEOに取り組んでいくことを推奨しています。堅実ですね。

  1. SEOの目的と考え方を身に付けよう
  2. Webサイトの目的と訪問者の目的を考えよう
  3. 有効な検索キーワードを調査しよう
  4. 業種別に最適なサイト構成を考えよう
  5. 適切な内部対策でSEOの効果を高めよう
  6. 室の高い外部対策でWebサイトの価値を高めよう
  7. ソーシャルメディアからWebサイトに集客しよう
  8. 技術的な問題を解決して優れたWebサイトを目指そう
  9. SEOの効果を分析してさらなる改善をすすめよう

SEOの流れを簡単に文章にしてみます。この流れでSEOをやっていけばそうそう間違いを起こすことはありません。小手先の技術に溺れるのではなく、堅実にユーザー視点でのサイト構築を目指しましょう。

まとめ

いかがでしょうか。ぼんやりと何をすべきかイメージできてきたのではないでしょうか。

クオリーズでは、上記のSEO対策をマンツーマンでレクチャーしています。もし話を聞きながら一緒にWebサイト育成をしていきたい!という方がいましたら是非お気軽にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SEOやアクセス解析でのご相談なら

クオリーズでは、主に通販サイトを運営する現場のWEB担当者へのSEO対策、アクセス解析のお手伝いをしています。
「Googleアナリティクスを入れたがどう解析していいか分からない・・・」「SEOって本当にコンテンツ書いていくだけでいいの?」といった現場サイドでのお悩みを一緒に解決していきましょう!

まずはお気軽に下記ボタンからご相談ください。

お問い合わせはコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す