WordPressのGoogleAnalyticsプラグイン2選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2日に1回の記事投稿ペースを目標にして書いていますが、自分の記事投稿スピードの遅さに愕然としています。山口です。

この記事を読んでいるあなたはWordPressで何らかのサイト運営をされていて、アクセス解析に興味のある方だと思います。
アクセス解析は導入していますか?アクセス解析を導入していない方は本記事を参考に今すぐ導入を検討してみましょう。

なお、アクセス解析といえばGoogle AnalyticsやYahooアクセス解析など多々ありますが、馴染みがあるのはGoogle Analyticsだと思います。
本記事ではWordPressにGoogle Analyticsを導入するオススメの方法をご紹介します。

WordPressへのGoogle Analytics導入の前に

まず、WordPressにGoogle Analyticsを導入するには以下の方法があります。

  • テーマファイル直書き
  • テーマにGoogle Analyticsのトラッキングコードを書く欄が用意されている
  • プラグインの使用(オススメ!)

普段プラグインはあまり推奨していないのですが、Google Analyticsに関してはプラグインの使用を勧めています。

プラグインをおすすめする理由

自分のアクセスを容易に除外できる

デフォルトでは自分のアクセスもカウントされてしまうので、特に立ち上げ当初のサイトでは本当のアクセス数というものが分かりづらくなってしまいます。自分のアクセスで解析が汚れるのを避けるためにサイトを極力見ないようにするというのも何だか本末転倒な話です。

Google Analyticsのプラグインは導入が容易であることももちろんありますが、プラグインによっては自分のアクセスをカウントしないようにする設定がワンクリックでできるようになっています。
自分のアクセスをカウントしない方法として一般的によく使われるのはIPアドレスだと思います。企業であれば固定IPアドレスを持っていたりするのでIPが頻繁に変わることはありませんが、通常のインターネット契約では固定IPまでは取得しないはずです。
いつの間にかIPが変わっていて自分のアクセスが遮断できていない!ということに後から気づいたりします。

ではプラグインがどうやって自分のアクセスを除外しているかというと、これは実は単純な話なんです。
サイト運営者のログイン状態を判定し、ログイン状態ではGoogle Analyticsのトラッキングコードを出力しないようにしているんです。当たり前のようで、なるほどと関心させられる手法ですね。

Eコマースの設定が簡単

ECサイト(ショッピングサイト)を運営している人にとっては、これが一番のメリットかもしれません。WordPressでECサイトというとWelcart辺りが主流だと思いますが、Eコマースの設定を自力でやろうとするとかなり骨の折れる作業で、PHPの知識も必要になります。
カートに対応しているGoogle Analyticsプラグインを使用すれば、何もしなくても(厳密にはGoogle Analytics側での初期設定は必要)勝手にタグが挿入される便利仕様となっています。

厳選Google Analyticsプラグイン

前置きが長くなってしまいましたが、私がこれまでに試してきたGoogle Analyticsのプラグインをご紹介します。選定基準としては、プラグインの更新頻度や使い勝手を重視しています。
ちなみに、どちらのプラグインも本人のアクセス除外機能は備わっていますのでご安心ください。詳しい導入方法、設定方法は別途記事としてまとめようと思っています。

Google Analytics Dashboard for WP

Google Analytics Dashboard for WP

Google Analytics Dashboard for WPは定番中の定番プラグインです。導入の容易さもありますが、その名の通り、ダッシュボード機能がついています。
普段から毎日Analytics見るよ!という人であればそこまで使い道はないのですが、簡単なアクセス状況をWordPress上で把握できたら嬉しいという人にはもってこいの機能です。
プラグインを有効にして設定をするだけで、WordPress管理画面のダッシュボードにアクセス解析画面が表示されるようになります。

 

Google Analytics by Yoast

Google Analytics by Yoast

Google Analytics by Yoastは、導入は簡単にでき、最低限の機能(上述のDashboard for WP並)をすぐに使うことができます。
Google Analytics by Yoastの方は多機能という位置づけで思ってもらうと良いです。正直なところ、普通にサイトを運営するレベルであれば不必要な項目の方が多いと思います。

しかし、Google Analytics by Yoastを絶対にオススメするケースがあります。それはWelcartを使っている場合です。WelcartはGoogle Analytics by Yoastプラグインに公式対応しているため、面倒なEコマースの設定を自動でやってくれます。
正直プラグインをインストールして一般的な初期設定が終わればEコマーストラッキングをすぐに始めることができます。本当に便利ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。どちらのプラグインも高い品質で安定しているので、どちらもオススメです。
アクセス解析はツールを入れてグラフを見て満足するのではなく、そこからサイト運営の改善に向けた分析をしなければ勿体無いです。数字で反響を追えるというのがリアルマーケティングにはないWEBマーケティングの利点なのですから、しっかりと数字を追いかけられるようになりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SEOやアクセス解析でのご相談なら

クオリーズでは、主に通販サイトを運営する現場のWEB担当者へのSEO対策、アクセス解析のお手伝いをしています。
「Googleアナリティクスを入れたがどう解析していいか分からない・・・」「SEOって本当にコンテンツ書いていくだけでいいの?」といった現場サイドでのお悩みを一緒に解決していきましょう!

まずはお気軽に下記ボタンからご相談ください。

お問い合わせはコチラ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す